当事務所の銀行借入支援の実績紹介

銀行や信用保証協会から、必要な事業資金を調達するためには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 決算書が良好である。
  • 決算書が良好でないなら、業績説明と将来の事業計画書がしっかりとしている。

良好な決算書を作るためには、決算日の6ヶ月以上前からシミュレーションを何度も繰り返して、事前に決算対策を講じる必要があります。

決算書が良好でない場合には、業績悪化の原因をわかりやすく説明し、業績を回復させる力強い資金繰りのストーリーを構築し、銀行に納得してもらわなければなりません。

そのためのツールが事業計画であり創業計画書なのです。
事業計画は、見映えのよいプレゼンテーション用資料ではありません。会社が生きてゆくよりどころであり、金融機関を説得するための資金繰りのストーリーなのです。
希望的観測による数字をならべて、飾り立てた事業計画を作っても、資金調達を継続的に成功させることはできません。

銀行は、事業計画の達成状況を確認するからです。

わたくしどもは、巡回監査を通じて、PLAN・DO・SEEサイクルを実施し、お客さまの財務体質を強化して、実績を事業計画に一歩でも近づかせるお手伝いをしております。

以下は、決算対策や事業計画策定支援を通じて達成した過去1年間の資金調達実績です。

 

【資金調達実績】 

業種

使途

金額

金融機関

メディア開発

運転

600万円

日本政策

インターネット通販      

運転

700万円

日本政策

広告配信

運転

800万円

日本政策

IT関連コンテンツ開発

運転

1,500万円

制度融資

ネットワークシステム開発

運転

1,100万円

制度融資

医薬品の研究・開発

運転

900万円

制度融資

警備業

設備

600万円

制度融資

化粧品販売

運転

2,000万円

制度融資

インターネット広告の企画・販売

運転

900万円

日本政策

建設業

運転 

1,000万円

制度融資

飲食店

運転

800万円

制度融資

エンターテイメント施設運営

設備

600万円

制度融資

雑貨小売業

運転

800万円

制度融資

精密機械製造

設備

900万円

制度融資

機械部品加工業

設備

700万円

制度融資

 

▼銀行融資を調達する方法

 

▼資金調達の無料相談会実施中!
⇒資金調達の無料相談会へ

 

▼無料メルマガを発行しています

当事務所のメルマガをご購読いただければ、短期間で資金調達や利益管理のノウハウを身につけることができます。

⇒購読案内へ

無料相談実施中! まずはお気軽にお話しましょう! フリーダイヤル 0120-886-816