創業計画書の記入例

▼まねをしたら断られた?

このページでは、日本政策金融公庫による創業計画書記入例を提供しています。

日本政策金融公庫が提供していますが、実は、あまり出来栄えはよくありません。

記入例どおりに書いても融資に失敗することが多々あります。

 

▼審査担当者の考え方

記入例は、わたしどもの経験から判断して、かなり甘いと感じています。

日本政策金融公庫の担当者でさえ、この記入例ではだめだなと感じています。

日本政策金融公庫の融資担当者は、人により多少の差異はありますが、審査の際に概ね以下のように判断しています。

  • 借入申込者の計数管理能力にはとても敏感です。借入金の使途と返済原資、損益計画はすらすらと説明できる必要があります。
  • 資金繰り表の添付は明示的には要求されていませんが、資金繰り表が添付されていて、きちっと説明できる創業者はとても高く評価します。逆に資金繰りの説明がないと貸した金を返せそうもないなと思われてしまいます。
  • 競争的な価格設定でも生き残れる創業計画書には好感を持ちます。
  • 勤務経験については、かれらはとても重視しています。自分の強みをアピールできた申込者は、高く評価されています。
  • 勤務経験で培った強みが、事業に生かされる計画にはよい評価を与えます。
  • 取扱品の強み・弱みについては、記述が乏しいとかなり減点されます。ターゲットを絞った上で、強いセールスポイントがあることをアピールするべきです。
  • すでに潜在顧客をもっていたり、あるいは、営業や販促に十分な実績があったりすると高い評価を与えます。
  • 市場分析や競合分析については、記入例にはほとんど記述がありませんが、資料が添付されていれば好印象を与えられます。
  • よく理解できない事業には貸したくないと思っています。ですので、ITなどのわかりづらいビジネスの場合は、視覚的な資料が大切です。
  • 使命感ややる気のなさそうな創業者については、減点します。
  • 私どもがお薦めしているように、添付資料をたくさん持参する申込者は高く評価されます。

創業融資のもう一つの柱である制度融資の場合には、信用保証協会が可否を決裁しますが、判断基準は変わりません。

 

▼記入例の欠点

日本政策金融公庫の記入例をまねて書いたのに面談でけなされたうえに貸してもらえないことがあります。

日本政策金融公庫が提供する創業計画書の記入例の欠点を列挙しますので、実際に創業計画書を書く際の参考にしてください。

  1. 資金繰り計画表が添付されていません。公的金融機関とはいえ、本質的には金貸しです。ですから、最大の関心事は、資金繰りです。詳細な資金繰り計画を作成して、すらすらと説明できれば、非常に高い評価をもらえます。資金繰りの説明がないと、経営のできない人と思われてしまいます。記入例には、資金繰り計画表は、添付されていませんが、作成して添付するべき資料です。資金繰り計画表がよくできていればいるほど審査担当者の心証はよくなります。⇒資金繰り計画表の実例
  2. 価格戦略まで踏み込んだ詳細な損益計画が添付されていませんが、添付すると強くアピールできます。「良いものを安く売るが採算は確実にとれる」ということをアピールするのです。
  3. 記入例の動機付けの記述は、とても貧弱です。まねて書くと「不真面目なやつ」と思われかねないので、注意してください。熱く使命感を語ってください。
  4. 事業経験については、創業計画書記入例では、略歴しか書いていませんが、添付資料でくわしく記述する方法が有効です。各職務を単に羅列するのではなく、創業者の強みを具体的にアピールしてください。そして、創業者の強みとセールスポイントを関連させてください。
  5. ほとんどの記入例は、ターゲットが曖昧です。
  6. セールスポイントがあいまいです。ターゲットの特性やニーズに合わせてセールスポイントを記述してください。低価格、高付加価値、製造技術、営業手法等々のセールスポイントを具体的にアピールするべきでしょう。事業経験との整合性も大切です。
  7. 記入例では、写真や流れ図が使われていません。事業内容を理解してもらい、かつ、セールスポイントをアピールするには、写真やフロー図などの視覚的な資料を付けると有効です。とくにITなどの理解しづら業種には必須です。
  8. 市場調査や競合分析についても、創業計画書記入例では、紙面の都合上、深く分析されていませんが、調査資料を添付すると説得力は強くなります。

これらの記入例の欠点は、必ず考慮してください。

創業資金を調達するためには、記入例を超えるレベルの創業計画書を作成する必要があります。

創業計画書記入例は、あくまで理解の手助け程度にお考えください。

 

▼日本政策金融公庫による創業計画書記入例

以上が日本政策金融公庫による記入例です。

創業計画書は創業融資を調達するためにはとても大切は書類です。

創業融資は申込者の30%の方しか成功していません。

記入例をなんとなくまねて創業計画書をつくっても審査担当者に「大丈夫だ」と思ってもらうことはできません。

上述した記入例の欠点を留意して、きちっとした創業計画書の作成を心がけてください。

みまさまが創業融資に成功されることを願っております。

 

▼創業融資の基礎知識

  1. ⇒そもそも、お金は借りるべきなの?
  2. ⇒創業資金の集め方 さまざまな創業資金の集め方をご紹介します。
  3. ⇒日本政策金融公庫とは? 創業者にも貸してくれる公的金融機関
  4. ⇒信用保証協会と制度融資 信用保証協会の基本を理解しましょう
  5. ⇒『新創業融資制度』について 無担保、無保証の創業融資制度です。
  6. ⇒『中小企業経営力強化資金』について 無担保、無保証、要件上は自己資金不要、しかも融資額は最大2,000万円です。
  7. ⇒『新規開業資金』について 借りやすい創業融資制度です。
  8. ⇒東京都と市区町村の創業融資 ともに信用保証協会と自治体がバックアップする創業融資制度です。
  9. ⇒市区町村の創業融資の重大な欠陥
  10. ⇒創業融資の比較 選んではいけない創業融資制度とは?
  11. ⇒日本政策金融公庫と制度融資は、どちらが得か? 総合的には日本政策金融公庫です。
  12. ⇒創業融資の成功条件 創業融資に失敗しない秘訣を説明します。
  13. ⇒自己資金について 自己資金は融資審査ではとても重視されます。
  14. ⇒自己資金が不足しているとき
  15. ⇒創業計画書の業種経験の書き方 経歴アピールで成否が決まる。
  16. ⇒創業計画書の書き方 創業計画書の書き方で成否は決まります。
  17. ⇒創業計画書の記入例 日本政策金融公庫が提供する記入例です。
  18. ⇒資金繰り表の重要性 資金繰り表をすらすらと説明できれば、融資審査ではとても強くアピールできます。
  19. ⇒創業計画書と資金繰り計画書で創業融資は決まる
  20. ⇒創業融資の面談で守るべきこと 面談で犯しがちな失敗とは?
  21. ⇒創業融資の流れと必要書類 創業融資を借りる手順です。
  22. ⇒創業融資で新事業を立ち上げる 起業だけでなく新事業立ち上げにも使えます。
  23. ⇒創業融資の成功事例 自己資金不足、経験不足、事故暦、事業譲渡、高額融資の事例を集めました。
  24. ⇒創業計画書と事業計画書の違い 創業計画書は創業者用の事業計画書ですが、ちょっと特徴があります。
  25. ⇒創業後に赤字を回避するための具体的な経営手法
  26. 創業融資Q&A よくある質問にお答えします。

 

▼創業融資のサポート料金0円!無料相談を実施中です

⇒創業融資の無料相談会の詳細へ

 

創業融資の無料個別相談を実施中 詳細はこちら

 

会社設立手数料0円! 無料相談実施中!  詳細はこちら

起業予定だが、何から手をつければよいのかわかりません。

50歳の男性です。

リストラをされ、起業する予定です。

現場経験は十分にあるつもりですが、経営のことはよくわかりません。

起業するに際してなにから手をつけてよいかわかりません。

何からはじめたら良いでしょうか。

漠然とした質問ですみません。

自己資金が不足しているので、借入をしなければならないことは確かです。

 

あわただしい状況で起業されることを決断されたようですね。

難しいことかもしれませんが、まずは気持ちを落ち着けて、事業プランをじっくりと考えることが初めてください。

 

まず、最初に考えるべきは、あなたの強みです。

どのような事業内容にしたらあなたの強みが一番発揮できるのか、多角的にじっくりと検討してください。

 

ビジネスは必ず競合がいます。

競合に打ちかつためには差別化が必要です。

競合を上回るための強みが必要となります。

ただ、競合も遊んでいるわけではありません。

かれらも切磋琢磨しています。

ですので、自分の強みをいかせる小さな隙間をみつける必要があります。

 

勝てそうな市場セグメントがみつかったら、つぎに具体的な事業の流れについて計画します。

  • ターゲットとなる顧客層とその特徴
  • 製品、サービスの設計
  • 営業の手法
  • 売上の見積もり ざくっと大雑把な売上を計画するのではなく、個別に見積もってください。小売なら店舗面積、飲食なら席数×客単価、商社や製造業なら潜在顧客ごとに積み上げ計算をしてください。売上計画は、あなたの戦略の特異性を加味して具体的に計画してください。
  • スタッフ構成 仕事を回すために必要な人のスペックと人員数を計画します。
  • 諸経費の見積もりと予想損益 創業直後と軌道にのったときの二通りを作成してください。
  • 取引先の検討 
  • 必要な設備資金と運転資金 設備や在庫に投資したり、売掛回収までのつなぎ資金や赤字補てん資金がどれだけ必要となるのかを計画します。
  • 借入金の返済計画 借入金をどうやって返済するかを計画します。在庫やつなぎ資金の借入は売上回収金から、設備投資資金や赤字補てん資金は、利益から返済します。

 

こららの諸計画を紙に落として冷静に何度も見直してください。

計画をつくらないと、必要な資金額、事業規模、営業開始日が、はっきりと決まりません。

事業計画をつくることにより、落とし穴や改善点にも気づくことができます。

それにより、事業の成功率は大幅に改善します。

 

起業家のかたが一般的に不得意なのが資金に関する計画です。

資金の流れは大切です。

資金は、人の体でいえば血流です。

一瞬でも止まれば死んでしまいます。

ですので資金に関する計画は、正確に作成する必要があります。

 

起業する場合に、資金が不足しているなら、日本政策金融公庫や制度融資などの公的な金融機関を利用せざるをえません。

民間の銀行は、公的な金融機関の保証がないと、実績がない創業企業にはお金は貸してくれません。

公的金融機関の審査時には、創業計画書といわれる事業計画書を提出しなければなりません。

上述の事業計画がしっかりと検討されていれば、審査で満点がとれる創業計画書を作成することができるはずです。

創業融資の審査では、創業を成功させるための正しい準備がされているかが、重点的にチェックされるからです。

 

▼創業融資の基礎知識

  1. ⇒そもそも、お金は借りるべきなの?
  2. ⇒創業資金の集め方 さまざまな創業資金の集め方をご紹介します。
  3. ⇒日本政策金融公庫とは? 創業者にも貸してくれる公的金融機関
  4. ⇒信用保証協会と制度融資 信用保証協会の基本を理解しましょう
  5. ⇒『新創業融資制度』について 無担保、無保証の創業融資制度です。
  6. ⇒『中小企業経営力強化資金』について 無担保、無保証、要件上は自己資金不要、しかも融資額は最大2,000万円です。
  7. ⇒『新規開業資金』について 借りやすい創業融資制度です。
  8. ⇒東京都と市区町村の創業融資 ともに信用保証協会と自治体がバックアップする創業融資制度です。
  9. ⇒市区町村の創業融資の重大な欠陥
  10. ⇒創業融資の比較 選んではいけない創業融資制度とは?
  11. ⇒日本政策金融公庫と制度融資は、どちらが得か? 総合的には日本政策金融公庫です。
  12. ⇒創業融資の成功条件 創業融資に失敗しない秘訣を説明します。
  13. ⇒自己資金について 自己資金は融資審査ではとても重視されます。
  14. ⇒自己資金が不足しているとき
  15. ⇒創業計画書の業種経験の書き方 経歴アピールで成否が決まる。
  16. ⇒創業計画書の書き方 創業計画書の書き方で成否は決まります。
  17. ⇒創業計画書の記入例 日本政策金融公庫が提供する記入例です。
  18. ⇒資金繰り表の重要性 資金繰り表をすらすらと説明できれば、融資審査ではとても強くアピールできます。
  19. ⇒創業計画書と資金繰り計画書で創業融資は決まる
  20. ⇒創業融資の面談で守るべきこと 面談で犯しがちな失敗とは?
  21. ⇒創業融資の流れと必要書類 創業融資を借りる手順です。
  22. ⇒創業融資で新事業を立ち上げる 起業だけでなく新事業立ち上げにも使えます。
  23. ⇒創業融資の成功事例 自己資金不足、経験不足、事故暦、事業譲渡、高額融資の事例を集めました。
  24. ⇒創業計画書と事業計画書の違い 創業計画書は創業者用の事業計画書ですが、ちょっと特徴があります。
  25. ⇒創業後に赤字を回避するための具体的な経営手法
  26. 創業融資Q&A よくある質問にお答えします。

 

創業融資の無料個別相談を実施中 詳細はこちら

売上予測の仕方

あるメーカーの販売代理店として開業する予定です。

その企業は、法人向けの製品を作っています。

代理店と開業するために、在庫資金と運転資金がちょっと不足しているので、日本政策金融公庫から創業資金を借りようと思っていますが、不安な点があります。

 

売上予測がうまく立てられないのです。

ざくっとした予測なら可能ですが、実現可能な目標といいづらく、根拠が薄弱です。

東京地区のマーケット規模から逆算して売上予測をしています。

保守的に計上はしていますので、十分に実現可能とは思っています。

大阪で類似商品の営業を10年近くやっていたので、営業の仕方はわかっています。

ただ、東京のお客様と直接にコンタクトしたことはないので、具体的な受注見込みは未定です。

具体的なお客様の名前を挙げて、積み上げで売上予測を立てることはできません。

『売上予測の根拠は?』と聞かれても、個々のお客様とはまだ商談にすら入っていません。

このように売上が未確定な状況でも融資は受けられるのでしょうか。

在庫資金と当面の運転資金で900万円は必要ですが、自己資金は400万円しかありません。

不足する500万円は借りる必要があります。

 

法人向けの営業なので、潜在顧客と接点がある方が、審査ははるかに有利なことは確かです。

これから営業して個々の企業に売り込んでいくとなると、軌道にのるまでその分だけ時間がかかるからです。

 

ただ、創業計画で求められているのは売上予測であり、確定的な受注ではありません。

飲食店を開業する場合を想定されれば理解できるはずです。

飲食店の顧客は不特定多数なので、売上はすべて見込みです。

売上の予測は、具体的な商談に基づかなくとも結構です。

『営業人員×1人あたり売上』で積み上げで計算されれば問題ありません。

 

ただ、その企業の商材の信頼性は、質問されるでしょう。

あなたにどんなに高い営業能力があっても商材がだめなら売れないからです。

商材を提供するメーカーの信頼度、商材そのものの魅力、マーケット規模、シェア、利益率などに関する資料を準備してください。

代理店契約も提出を求められますので、仮契約でもよいので審査までに準備しておいてください。

 

創業融資の審査で大切なのは、事業経験や自己資金です。

事業経験については、10年以上のご経験があるので、アピールに仕方によっては高い評価を受けるでしょう。

積極的にアピールするべきでしょう。

営業時代の実績を詳細に記述してください。

社内表彰を受けたりしたことがあれば、遠慮せずに記述してください。

目の前の確定売上よりも、創業者の営業実績の方が、審査のときはものをいいます。

なぜなら、借入の返済には長期を要するものであり、営業実績がある人は会社を成功させる確率が高いからです。

 

創業に要する資金総額が900万円であり、その約半分の自己資金を貯めておられるので、この点でも高く評価されるでしょう。

資金繰り計画をきちっとつくって説明すれば、計画的に資金管理ができる人と評価してくれます。

 

以上から考えると創業計画書をきっちりと作れば、創業融資は問題なく調達できるでしょう。

 

▼創業融資の基礎知識

  1. ⇒そもそも、お金は借りるべきなの?
  2. ⇒創業資金の集め方 さまざまな創業資金の集め方をご紹介します。
  3. ⇒日本政策金融公庫とは? 創業者にも貸してくれる公的金融機関
  4. ⇒信用保証協会と制度融資 信用保証協会の基本を理解しましょう
  5. ⇒『新創業融資制度』について 無担保、無保証の創業融資制度です。
  6. ⇒『中小企業経営力強化資金』について 無担保、無保証、要件上は自己資金不要、しかも融資額は最大2,000万円です。
  7. ⇒『新規開業資金』について 借りやすい創業融資制度です。
  8. ⇒東京都と市区町村の創業融資 ともに信用保証協会と自治体がバックアップする創業融資制度です。
  9. ⇒市区町村の創業融資の重大な欠陥
  10. ⇒創業融資の比較 選んではいけない創業融資制度とは?
  11. ⇒日本政策金融公庫と制度融資は、どちらが得か? 総合的には日本政策金融公庫です。
  12. ⇒創業融資の成功条件 創業融資に失敗しない秘訣を説明します。
  13. ⇒自己資金について 自己資金は融資審査ではとても重視されます。
  14. ⇒自己資金が不足しているとき
  15. ⇒創業計画書の業種経験の書き方 経歴アピールで成否が決まる。
  16. ⇒創業計画書の書き方 創業計画書の書き方で成否は決まります。
  17. ⇒創業計画書の記入例 日本政策金融公庫が提供する記入例です。
  18. ⇒資金繰り表の重要性 資金繰り表をすらすらと説明できれば、融資審査ではとても強くアピールできます。
  19. ⇒創業計画書と資金繰り計画書で創業融資は決まる
  20. ⇒創業融資の面談で守るべきこと 面談で犯しがちな失敗とは?
  21. ⇒創業融資の流れと必要書類 創業融資を借りる手順です。
  22. ⇒創業融資で新事業を立ち上げる 起業だけでなく新事業立ち上げにも使えます。
  23. ⇒創業融資の成功事例 自己資金不足、経験不足、事故暦、事業譲渡、高額融資の事例を集めました。
  24. ⇒創業計画書と事業計画書の違い 創業計画書は創業者用の事業計画書ですが、ちょっと特徴があります。
  25. ⇒創業後に赤字を回避するための具体的な経営手法
  26. 創業融資Q&A よくある質問にお答えします。

 

創業融資の無料個別相談を実施中 詳細はこちら