求人のための特設サイト

当事務所への入社をご検討していただいる方は、ぜひ、求人のための特設サイトをご閲覧ください。

工藤公認会計士税理士事務所(東京都千代田区)の求人情報サイトへ

 

なお、当事務所の具体的なサービス内容については、本サイトも合わせてご閲覧ください。

さまざま記事を通じて当事務所の特徴をご理解していただければ幸甚です。

求人応募フォーム

お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
携帯TEL

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
生年月日

(例:2007/1/1)
半角でお願いします。
性別
男性
女性
(性別を選択して下さい。)
ご経験
社会人未経験
社会人2年未満
社会人2年超
会計事務所2年未満
会計事務所2年超
(ご経験を選択してください。)
税理士試験
0科目
1科目
2科目
3科目
4科目
税理士資格
(試験科目についてご選択ください。)
そのほか
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

事務所紹介

▼総合的に技術を学べるから成長できます

創業支援、会社設立、融資、税務会計指導、経営計画、業績検討会、事業承継と企業の成長ステージに合わせて多角的にサービスを提供しています。

経営者との対話力を高め、どんな質問を受けても対応できる知識とスキルを身につけることができます。

業種もかたよりがないので、IT、サービス業、小売り、飲食、メーカー、建設、商社、医療関連と幅広く経験がつめます。

また、弁護士、司法書士、社労士などとも提携しているので他士業との連携の仕方も学べます。

やりたい仕事があれば、どんどんチャレンジできます。

『新しいことにチャレンジしたい人がいたら、予算をつけてトライしてもらおう』というのが当事務所の方針です。

 

▼自主的に考えられるから成長できます

マニュアルが整備され、定期の勉強会、外部研修、周囲との意見交換、所長との対話により、基礎的な知識を無理なく吸収できます。

研修は内外を合計して年間50時間以上を実施しています。

これらのサポートを受けながら、自主的に自分の頭で考えて自由に経営者へ提案することができるのでどんどんと成長することができます。

失敗しても所長は怒りません。

少しはむっとするかもしれませんが…(笑い)。

人は、失敗の分だけ賢くなれます。

だれでも私どもの引いたレールの上を走っていただければ、経営者から一目置かれる税務会計コンサルタントへ成長することができます。

 

▼経営者と接することが成長を促します

当事務所は、経営者とのコミュニケーションを重視しています。

夢を追い求め、人生をかけて創業したやる気まんまんの経営者と対話することにより、多くの知見を得ることができます。

かれらの積極的な生き方はあなたを変える原動力となります。

かれらとの対話を通じて、営業、人事、経営に関する知識も吸収することができます。

さらに、プレッシャーを乗り越えて経営者の期待に応えることにより、強い達成感を味わうことができますし、経営者からの感謝の言葉は、あなたの自信をはぐくみ、さらなる成長への原動力となるでしょう。

 

▼資格取得を応援

受験勉強を応援しています。

事務所は市ヶ谷にありますので、平日も専門学校へ通学可能です。

夜遅くまで激務が続き、専門学校にいく時間がないということはありません。

試験休暇も全員が、直前に1週間以上はとっています。

ほぼ毎年、税法合格者を輩出しております。

大学院通学も推奨しています。

大学院へ通学したスタッフは、問題なく、論文作成と仕事を両立させてきました。

 

▼カウンセリング、人間関係、雰囲気

所長が定期的にカウンセリングをしています。

当事務所は、社員のどんな要望でも肯定的に受け入れます。

人により、能力も異なれば、個性も異なります。

自分にあった仕事の仕方を実現してあげたいと思っています。

また、やりたいことがあれば、応援する事務所なので、新たな業務に積極的に挑戦することができます。

手をあげればパイオニアになれる。

そんな事務所です。

各人のライフスタイルにあったワークライフバランスも大切だと思っています。

もちろん、出産、育児は全面的に支援しています。

 

当事務所は、失敗は、成長のこやしと考えています。

人を減点評価することはありません。

ですので、事務所の雰囲気は、とてもアットホームです。

仲間同士が支えあっています。

 

また、当事務所は、多様性をとても重視しています。

ですから、『簡単な質問』や『変わった質問』でも気軽に所長や仲間に問いかけることができます。

 

事務所の将来性

創業以来、毎期連続して堅実に売上拡大中です。

今回は、売上増加に対応するための採用です。

将来を担う中核人材を求めています。

 

定着率の高さ

残業がすくないので、ライフワークバランスをとることができます。

受験との両立も容易です。

公平で明確な基準で評価されますし、事務所の給与水準は、通常の会計事務所よりも高い水準に設定しています。

残業が少なく、給与水準が高く、人間関係のストレスがないので、とても定着率の高い事務所です。

長期間、貢献したスタッフには独立を支援する制度も用意されています。

 

▼私どもの使命 

税務会計だけでなく、お客様としっかりと対話して、業績検討を行い、良いアドバイスを提供して黒字経営を実現することが私どもの使命だと思っています。

困難を伴いますが、人生を賭けるに値する崇高な使命です。

この崇高な使命に共鳴し、ともに挑戦する人々を求めています。

経営アドバイスの仕方 ◆

当事務所では、次のステップで経営者に経営アドバイスをしています。

会計の分析からスタートして、経営者に事業構造の変革について助言するというスタイルをとっています。

 

対前期、予算比較、資金繰り分析を行って、会計からみた経営の問題点を指摘する。

 

経営者から対策を聞き出す。


 

それにアイディアを加える。


 

次回以降も、アイディアをフォローし続ける。

 

われわれが加えたアイディアを、われわれはアドオン(add on)と呼んでいます。 

アドオンには、業種、状況別に数百のバリエーションがマニュアルで用意されています。 

マニュアルは、売上アップ、経費削減、資産・負債の見直し、経営計画、融資対策、事業承継対策などをカバーしています。 

マニュアルだけではなく、定例会では仲間のコンサルタントの、生の実例を学ぶことができます。 

 

多くの会計事務所がコンサルティングを掲げています。 

しかし、現場では、具体的に何を助言してよいのか途方にくれています。 

事務所が、せいぜい、CVP分析の仕方を教えるだけで具体的な経営アドバイスの内容については教えてくれないからです。 

先生の頭の中にあるものが整理されてマニュアルとしてスタッフに提示されていないのです。 

忙しい方が多いのでしかたないことだとは思います。 

ただ、当事務所では、具体的な経営アドバイスの内容について、マニュアル、定例会を通じて教育しています。

 

当事務所では、独自の方法でゼロから教育して2年で経営コンサルタントに責任をもって育てます。 

当事務所で訓練を積めば、単なる仕訳屋さんではなく、外部CFO、すなわち経営者のご意見番として活躍できるようになります。 

このスキルこそが、これからプロフェッショナルとして生き残るために必要なスキルなのです。 

決算と税務申告を作れるだけでは、将来は、時給にして1,000円も稼げなくなるでしょう。 

しかし、経営アドバイスができる税理士は、いくらでも稼げます。 

お客が、報酬を上げてくれるからです。 

 

当事務所の手法についてなにか疑問があれば、面談の際に事務所スタッフと質疑応答の時間を設けますので、ご自由にご質問ください。 

 

▼税法の学習についてのサポート体制

税理士試験受験を応援しています。

外部研修も活用しており、一定時間以上の参加を求めています。

また外部データベースも活用しており、そこで事例にあたることができます。

 

▼事業承継対策について

相続税の申告書を書くこと自体には、顧客はあまり価値を認めてくれません。

本質的には、集計計算するだけの作業だからです。

安売り競争はさらに激しくなるでしょう。

しかし、顧客は、事業承継対策には、価値を認めてくれます。

未来を変えられるからです。

ですので、当事務所は、相続税・贈与税の節税対策、親族間の争いの回避、納税資金の確保について積極的に助言をしています。

事業承継対策は、重要な経営アドバイスの一つととらえています。