中小企業でも1%未満の金利で借りられる

銀行の金利決定メカニズム

銀行の金利はどうやって決まるのでしょうか?

ほとんどの経営者のかたは詳しくはご存知ありません。

しかし、支払利息を減らすには、銀行の金利決定のメカニズムを大雑把でもよいので、理解しておく必要があります。

 

銀行の金利は、次の4つの要素の合計です。

金利=銀行の調達金利+銀行の経費+貸倒れ+利益

 

銀行は、資金調達費用と経費を支払い、さらに貸倒れを負担しても、利益が出る水準に金利を設定しているのです。

以下、項目ごとにご説明いたします。

 

銀行が貸すお金の大半は、自己資金ではありません。

預金者からのお金や、資金市場で借りてきたお金を又貸しています。

借りてきたお金ですから、銀行も利息を支払わなければなりません。

銀行の受取金利は、まず、この調達金利をカバーしなければなりません。

調達金利は銀行の資金調達力によって異なります。

例えば、メガバンクは、資金市場から安い調達金利で、資金を調達できるので、信用金庫に比べると受取金利を低めに設定することができます。

 

さらに、銀行員の人件費、システムコスト、地代などの経費も、銀行は受け取った利息から支払わなければなりません。

金利は、銀行の経費もカバーしなければならないのです。

経費率も銀行によって異なります

例えば、メガバンクは、貸し出し規模が大きいので、一件の貸し付けごとの経費率が低く、それに対して信用金庫は、中小企業が貸し出し先なので、一件ごとの貸し出し金額が小さく、事務効率が悪くなり、経費率がどうしても高くなってしまいます。

これは、信用金庫の金利のほうがメガバンクの金利よりも、高めになるもう1つの理由となっています。

 

お金を貸す以上は、貸倒れは必ず発生します。

貸倒れによる損失も、受け取った金利の中から負担することになります。

ただ、貸倒れリスクは、借入先の信用度合いによって異なります。

格付けが低いと貸倒れのリスクが高いと判断されますので、その分だけ、高い金利を要求されます。

メガバンクが、中小企業に対して、信用金庫と変わらないぐらいに高い金利を求めることがあるのは、この貸し倒れリスクを考慮しているためです。

高い金利を要求されたら格付けが良くないのだと理解してください。

金利を下げたければ、まずは、銀行のからの信頼を上げて、格付けを改善しなければなりません。

 

最後は、利益です。

銀行は、営利企業ですから、利益を求めます。

銀行は、自己資本比率が一定の値を割り込むと、最悪の場合には、金融庁に業務停止を命令されてしまうので収益にとても執着します。

金利から、調達金利、経費、貸倒れを控除しても残りがプラスになり、利益が出るように金利は、設定されます。

 

以上が、短期金利の決まり方です。

長期借入の金利は、短期金利をベースとして、さらに将来の物価変動などによる金利の変動予想を考慮して決定されます。

例えば、将来、物価が上がると予想されれば短期金利も上昇すると予想されるので、長期金利は高めに設定されます。

物価が下がると予想されれば、逆に長期金利は、低く設定されます。

ただ、通常は、金利が変動すること事態がリスクですので、長期金利は、短期金利よりも高く設定されます。

中小企業が1%未満の金利でお金を借りるための対策

金利決定の要素で、会社側が改善できるのは、格付けだけです。

あとは会社からすると外部要因です。

格付けを改善する対策としては、次の方法があります。

 

  1. 業績を改善して、連続黒字を実現する。
  2. 財務リストラにより、財政状態を改善し、営業キャッシュフローを黒字にする。
  3. 経営計画書の作成、提出により事業性評価を改善し、経営計画書に基づき予実管理(PDCAサイクル)を実施する。
  4. 中小企業の会計に関する指針に準拠

 

銀行は、会社の会計データを重視しています。

ただ、損益計算書が黒字だからといって評価がいきなり高くなるわけではありません。

資産状況、借入の金額、資金の流れといった総合的な会計データで判断します。

また、会社の事業の内容も、詳しく判断しようとしています。

ですので、会社の経営環境と戦略をうまく伝える努力も大切となってきています。

 

こられの条件がととのえば、中小企業でも、1%未満の金利で借入をすることはできます。

従業員数人の会社でも本当にこの金利で借りておられます。

 

ただ、赤字になったら、ちょっと粉飾してごまかそうというような姿勢だと、これらの条件はクリアできません。

会計データに基づき、業績改善に真剣に取り組まないと実現はできません。

会計データを重視しつつも、その表面的な操作で問題を解決するのではなく、業務改善により、業績を改善するのだという決意が大切です。

表面的なお化粧は、簡単にばれてしまいます。

ですので、どんなときも正しい数字を開示するという覚悟は必要です。

その覚悟が、業務改善への強い動機付けになるのです。

 

そもそも、多くの中小企業が勘違いしていることがあります。

今の日本は、銀行からすると借り手がいないのです。

財務内容を適切に開示して、戦略をきちっと説明していたら、多少業績が落ち込んだからといって銀行が支援を打ち切ることはありません。

きちっと説明すれば、銀行は協力してくれます。

銀行が協力しないのは、多くの場合、社長が会計に関心がなくて、数字の説明ができないからです。

会計から逃げていたら、永遠に夢の金利は実現できません。

夢の金利を実現したければ、実態を改善して、かつ、真っ向から、会社の実態を、客観的な資料で開示していくという姿勢が大切です。

銀行融資を調達する方法

資金調達の無料相談会実施中!

⇒資金調達の無料相談会へ

無料メルマガを発行しています

当事務所のメルマガをご購読いただければ、短期間で資金調達や利益管理のノウハウを身につけることができます。

⇒購読案内へ

無料相談実施中! まずはお気軽にお話しましょう! フリーダイヤル 0120-886-816