税務調査が入りづらい決算期の決め方

税務調査の時期は、決算書提出後、半年後をめどに設定されます。

たとえば、3月決算なら、7月~12月ころです。9月決算なら、1月~6月ころです。

ただ、怪しいと判断すると、これ以外の時期にも実施されます。

 

税務調査の件数については、税務職員ごとに、おおよそのノルマがあります。

上期(7月~12月)に20件、下期(1月~6月)に10件、合計30件ほどの調査ノルマが課されています。

下期が少ないのは、確定申告や、3月決算の時期と重なり、税理士の繁忙期にあたるからです。

ですので、7月~12月に決算期を設定すれば、税務調査の時期は、件数の少ない下期に行われることが多いので、税務調査が来る確率は、減少します。

 

それだけでなく、4月~6月の調査は、調査官は、やる気がわきません。

税務署の人事考課は、3月締めです。

税務署職員は、平均的に3年に一回の頻度で、転勤します。

7月には、この転勤があり、上司が変わります。

4月~6月の調査は、転勤すると評価されにくくなります。

また、転勤があるかもしれないので、基本的には、調査は、7月までに終了しなければなりません。

これらが、4月~6月までの税務調査については、調査官の力が入らない理由です。

 

以上から、1月~6月に税務調査が行われる、7月~12月に決算期を設定すれば、税務調査を受ける確率が下がり、調査も厳しくなくなる傾向があります。

節税対策と税務調査対策の基礎知識

  1. 税務調査に狙われる会社とその対策
  2. 税務調査の方法と対策
  3. 税制改正 最新の税制改正情報です。
  4. 売掛金、在庫、前払費用等に関わる節税対策
  5. 固定資産に関わる節税対策
  6. 生命保険を使った節税対策
  7. 負債に関わる節税対策
  8. 売上の計上の仕方で節税
  9. 役員報酬及び役員退職金に関わる節税対策
  10. 給料及び退職金に関わる節税対策
  11. 福利厚生費に関わる節税対策
  12. 交際費に関わる節税対策
  13. 積極投資による節税対策 設備、人、試験研究への投資による節税手法です。
  14. 重加算税を回避する方法 重加算税は大きな不利益をもたらすペナルティです。
  15. 消費税の節税対策 
  16. 別会社を利用した対策
  17. 事業承継対策
  18. 銀行融資を調達する方法
  19. お金を貯める経営

無料相談会のご案内

⇒税の無料相談会

⇒資金繰り・資金調達の無料相談会

無料相談実施中! まずはお気軽にお話しましょう! フリーダイヤル 0120-886-816