持株会社による自社株の株価対策

持株会社を作ることによって自社株の評価額を引き下げることができます。

下図のように、通常は、既存の小さな資産管理会社を株式交換によって、承継しようとしている事業会社の持株会社にします。

 

株式交換.bmp

 

このスキームを実行することにより、社長は、A社の株式を直接的に所有せずに、B社を経由して間接保有することになります。

B社は、規模が小さいために多くの場合に、小会社に該当します。小会社の株式評価額は、類似業種比準価額と純資産価額の平均値となります。

A社の業績が好調であっても、B社は、資産管理会社なので決算対策によって容易に当期利益を低く抑えることができます。B社の業績が芳しくなければ、B社の当期利益の金額が小さくなりますので、B社の類似業種比準価額株式評価額は低くなります。

また、株式交換後もA社の業績が伸び続けた場合には、A社の株価は上昇します。A社は、B社により、100%保有されているので、株式交換後のA社株式の株価上昇は、保有会会社のB社の含み益となります。純資産価額方式による算定では、含み益の38%を控除できますので、純資産価額による株式評価額も、引き下げられます。

結果として、社長がA社の株式を直接的に保有している場合に比べて自社株式の評価額は、大きく引き下げられます。

 

▼留意点

  • 仮にB社が小会社であるとします。B社における株式等の価額が総資産に占める割合が、50%以上となると株式保有特定会社として、純資産価額方式による評価が強制され、株価が高くなってしまうことがありますので、株式の価額の締める割合が大きくならないように、B社の資産構成を長期的に変えてゆく必要があります。
  • 開業3年未満の会社は、純資産価額方式で評価されます。したがって、既存の会社で、設立してから3年以上が経過している会社を活用して、株式交換により持株会社とするべきです。 


▼事業承継の個別無料相談会

⇒【相談料無料】 詳しくはこちら!

 

▼事業承継対策の基礎知識 

  1. 事業承継のやり方 承継の進め方とスケジュール
  2. 後継者教育のやり方 最重要な事業承継対策です
  3. 遺言の方法 遺産分割の争いを回避しましょう。
  4. 遺留分について 
  5. 自社株の承継方法
  6. 遺留分に関する争いを回避する方法
  7. 遺産分割をめぐる争いの回避方法
  8. 相続人等に対する売渡請求 分散した株式を取り返しましょう
  9. 相続税の納税資金の確保の方法 
  10. 自社株式の株価対策 株価対策により相続税、贈与税は大幅減額が可能です。
  11. 役員退職金による自社株の株価対策
  12. 従業員持株会による株価対策
  13. 投資育成株式会社からの出資 相続、贈与税を大幅に減額可能です。
  14. 高収益事業の分社化 強力な株価対策です。
  15. 合併による自社株の株価対策 
  16. 持株会社による自社株の株価対策
  17. 自社株式の納税猶予制度 相続税、贈与税を大幅に減額できます。
  18. 社長の会社への貸付金 会社への貸付金は、相続税負担を重くします。
  19. M&Aによる事業承継
  20. M&Aの進め方
  21. 会社分割して売却する方法 事業の一部を低い税率が売却する方法です。
  22. 節税対策と税務調査対策
  23. 銀行融資を調達する方法
  24. お金を貯める経営
  25. 株式公開のやり方 メリットと進め方について解説します。

無料相談実施中! まずはお気軽にお話しましょう! フリーダイヤル 0120-886-816