赤字で潰れそうな会社でもベンチャーキャピタルは支援する?

【ある実例】
わたしどものお客さまで、銀行融資が断られ、資金繰りに詰まりそうになったところを、ベンチャーキャピタル(VC)から2億円ほどの資金を調達してなんとか最悪の事態を回避した会社があります。
その会社が選んだベンチャーキャピタルは、単に資金の支援をしただけでなく、営業支援も提供してくれているので、会社は、2重に助けられています。
ベンチャーキャピタルの投資は、出資の形式をとりますので、会社に返済義務はありません。
そのため、会社の資金繰りは大変に楽になりました。
しかも、持分比率の過半数を失ったりはしておりません。
増資後も、ベンチャーキャピタルの比率は3割程度です。
ですから経営者の経営権は安泰です。
うそのような話ですが本当の話です。

銀行が見捨てる会社でも、VCのような投資家が支援することはあるのです。


【ベンチャーキャピタルの判断基準とは?】 

銀行とベンチャーキャピタルは、判断基準が違うのです。

銀行からすれば貸した金を返せない会社に見えても、ベンチャーキャピタルからは、将来、株式公開可能な会社、あるいは高値でM&Aされうると判断されることもあるのです。
その判断基準の差はどこにあるのでしょうか。

@ベンチャーキャピタルは、経営者の資質をより、重視します。資質を判断するに際しては、経験は豊富か、明確なビジョンを有しているか、戦略は明確かつ正しいか、優秀な人材を確保しているか、を総合的に観察します。銀行が人を見ないとはいいませんが、どうも決算書による評価に頼りすぎているきらいがあります。
Aベンチャーキャピタルは、会社が提供する製品はサービスが、市場競争を勝ち抜くレベルまで、差別化されているかを重視します。価格、品質、機能のいずれかにおいて、他者を確実に上回っているか否かを検討します。差別化が十分にされていれば、いまは業績が悪くても、将来は盛り返せるかもしれないと考えてくれることがあります。
Bベンチャーキャピタルは、市場の成長性を重視します。会社が提供している製品やサービスが伸びていく市場に属しているかどうかを検討します。また、その市場が、十分なサイズを有しており、将来、会社に十分な利益をもたらす可能性があることも重要です。

会社の成長性や、経営者の資質を十分に理解してもらえば、債務超過に近く、利益が出ていない会社でも、有利な条件で資金調達に成功することはあるのです。
成長資金を必要とする会社は、ぜひに、ベンチャーキャピタルの活用にチャレンジしてみてください。

ベンチャーキャピタルの審査基準が厳しくなってきているのは確かですが、ベンチャーキャピタルは株式公開前の会社に投資しなければ投資利益を稼げないので投資機会は常に探しています。

 
【ベンチャーキャピタルから求められる必要書類】
さまざまな書類がもとめられます。

必要とされる書類は、ベンチャーキャピタルによって微妙に異なりますが、一般的には、定款、登記簿謄本、株主名簿、役員履歴、組織図、主要顧客リスト、会社パンフレット、決算書、申告書、事業計画、資本政策、株価算定書等々が提出をもとめられます。
追加で詳細な資料も依頼されます。
提出書類の中でも、過去の決算書と事業計画はとても大切です。
この二つをもとに、その会社の成長性が判断されるからです。
多くの経営者のかたがこの事業計画の作成につまづかれます。
頼みの税理士事務所も通常は事業計画の策定は苦手なので役に立ちません。
とくに、損益計画、貸借対照表計画、キャッシュフロー計画、売上計画、人員計画、設備投資計画の作り方や整合性のとり方で経営者のかたは大変に苦労されます。

事業計画の根底にある経営戦略の考え方については、こちらを参照してください。⇒経営戦略について


【当事務所のサービス】
当事務所では、事業計画、株価算定書、資本政策の策定サービスを提供しております。

ベンチャーキャピタルの投資は、億単位となりますのでさすがに当事務所も無数に成功例があるというわけではありませんが、この10年で十数例の成功事例に携わってきました。
アピールの仕方がわからない、あるいは、そもそも事業計画が作れないという方は、ぜひ、当事務所の無料問い合わせをご利用ください。誠心誠意お答えいたします。

 
【資金調達基礎講座】