事業承継の個別無料相談会

当事務所の事業承継は、経営計画を作成して、それに基づいて実行します。

経営計画を作成する点が他の事務所の事業承継対策と決定的な違いです。

なぜ、経営計画を立てるのか?

それは、三つの大きなメリットがあるからです。

下記をお読みいただければ経営計画なくしてまともな事業承継は計画できないことがおわかりいただけると思います。

 

メリット1 株式承継にかかる税金を最小にできる

事業を後継者に移す以上は、やがては、会社の株式も移動することになります。

生前かどうかは別にして、株式の承継は、必ず発生します。

承継がどの時点であろうとも、株価を安く抑えることができれば、それだけ、税金は安く抑えられます。

株価は、計算上、当期利益の影響を強く受けるので、税金を安く抑えるためには、経営計画を立てて、株式を承継する時期の株価を最小にしておく必要があります。

株式を移動させると、会社の絶対的な支配権が後継者に移ってしまうので、株式の承継時期は、早くすればよいというものではありません。

一方では、70歳を超えたころから、すべてを後継者に移したいと考える経営者は少なくありません。

目安としては、社長が70歳を超えて体力的にもきつくなり、後継者が育ってきたら、株価は、恒常的に低めに誘導する必要があります。

その期間の株価を低く抑え続けるためには、長期な経営計画が必須です。

株価を最小に抑えても税額が会社の資金繰りを圧迫するレベルになってしまうこともあります。

それに対応するためにも、経営計画により長期な資金繰りを立て、納税に必要な資金を確保する必要があります。

 

メリット2 遺産分割用の資産を確保できる

子どもの一人を後継者にした場合には、その子どもに遺産分割が一極集中して、争いが発生することがあります。

中小企業のオーナーの資産の大半は、会社株式だからです。

主要な資産は、会社が所有しています。

子どもたちも、結婚して子どもができると家族の意見の影響を受けます。

そのため、事業承継においては、親の想像を超える、激しい争いがしばしば起こります。

遺産を巡る争いは、後継者に厖大な時間と精神的なコストを浪費させますので、会社の発展という観点からも大変なマイナスです。

経営計画においては、後継者以外の子供たちのための分割用資産も計画的に作り出します。

説得も計画的に実施します。

ですので、平和裏に、遺産分割にかかわる争いの芽をつむぐことができます。

 

メリット3 後継者教育ができる

経営計画を後継者とともに作ることにより、会社の損益構造の理解が進みます。

会社の経営の問題点と今後の対策が数字の観点から理解できるようになります。

経営計画の作成は、間違いなく、後継者の経営力を総合的に強くします。

 

株価算定業務 20万円〜

株価算定業務を格安料金でお受けしております。

まずは、現時点でどれぐらいの相続税が発生するのかを把握しましょう。

すべての対策は、正しい現状認識から始まります。

 

相談料は無料です

事業承継について、ご不安や悩みをお抱えでしたら、気軽に当事務所の無料相談会をご活用ください。

会計事務所の敷居は、ちょっと高く感じられるかもしれませんが、初回の相談料は、無料ですのでご気軽にお電話ください。

また、初回面談後は、こちらから営業電話等をかけることは絶対にありませんので、ストレスなく無料相談会をお試しください。

無料相談実施中! まずはお気軽にお話しましょう! フリーダイヤル 0120-886-816

 

事業承継対策の基礎知識 

  1. 事業承継のやり方 承継の進め方とスケジュール
  2. 後継者教育のやり方 最重要な事業承継対策です
  3. 遺言の方法 遺産分割の争いを回避しましょう。
  4. 遺留分について 
  5. 自社株の承継方法
  6. 遺留分に関する争いを回避する方法
  7. 遺産分割をめぐる争いの回避方法
  8. 相続人等に対する売渡請求 分散した株式を取り返しましょう
  9. 相続税の納税資金の確保の方法 
  10. 自社株の株価対策 株価対策により相続税、贈与税は大幅減額が可能です。
  11. 役員退職金による自社株の株価対策
  12. 従業員持株会による株価対策
  13. 投資育成株式会社からの出資 相続、贈与税を大幅に減額可能です。
  14. 高収益事業の分社化 強力な株価対策です。
  15. 合併による自社株の株価対策 
  16. 持株会社による自社株の株価対策
  17. 自社株式の納税猶予制度 相続税、贈与税を大幅に減額できます。
  18. 社長の会社への貸付金 会社への貸付金は、相続税負担を重くします。
  19. M&Aによる事業承継
  20. M&Aの進め方
  21. 会社分割して売却する方法 事業の一部を低い税率が売却する方法です。
  22. 節税対策と税務調査対策
  23. 銀行融資を調達する方法
  24. お金を貯める経営
  25. 株式公開のやり方 メリットと進め方について解説します。