顧問サービスの流れについて

サービスの三つの特徴

  1. 会社を黒字体質にします 事業計画策定支援、月次決算の検討を通じて、利益の高い商品、顧客、販売手法を発見し、経営資源を集中させ、利益の継続的な成長を目指します。
  2. 節税対策 タイムリーなシミュレーションにより、節税対策を積極提案します。事業承継対策も提案いたします。
  3. 資金調達により企業規模を拡大 決算対策、格付け対策、資金繰り計画作成、事業計画作成等を通じて資金調達を実現し、企業規模を拡大します。企業規模が拡大すれば、比例的に利益は増加します。

当事務所の使命

税理士は、どんな役割を果たすべきか?

会計士を目指し始めたころから自問してきました。

税理士事務所の定義は、税理士の勝手な思い込みが決めるものではありません。

税理士が自らの仕事を申告業務だけにせばめて、自己満足をしていたら、顧客のベンチャー企業の生き残りは危ういものとなります。

お客さまになにを貢献できるのかという、謙虚で真摯な問いに対する答えが会計事務所の使命だと思っております。

当事務所は、顧客の生存と成長のために積極的・能動的に貢献することが、会計事務所の義務であると考えています。

サービスの流れ

以下が当事務所の顧問サービスの流れです。

月次監査時のサービス
  • 月次試算表の作成
  • 全データを検証して、損益、財政状況、資金繰りについて報告、アドバイス
  • 経営計画策定
  • 利益を増やすためのアドバイス
  • 節税提案。損益・納税の早期予測
  • 資金調達について提案

決算、申告時のサービス
  • 年次での損益、財政状況、資金繰りに関する報告、アドバイス
  • 決算直前の最終損益・納税シミュレーション
  • 経営計画策定
  • 利益を増やすためのアドバイスを総括提案
  • 節税提案の実行と決算への折り込み
  • 年次決算をベースに資金調達についての提案
  • 決算書・申告書作成。当事務所が税務署等へ提出
  • 申告書、決算書、会計帳簿等を納品

税務調査への対応
  • 税務調査に備えて論点を整理
  • 帳簿、証憑を再整理
  • 代理人たる税理士として会社の主張を積極的に代弁

顧問サービスの特徴

お客様は、税理士になにを求めますか?
税務申告の基本業務以外に税理士が会社の経営に大きく貢献できる領域が三つあります。

  1. 利益を増やす方法の提案 事業計画、月次決算を社長と一緒に検討することにより、経営資源の無駄遣いを止め、より利益性が高い分野へ経営資源を集中させます。それにより、利益を継続的に増やしていきます。
  2. 損益・納税予測シミュレーション 当事務所では、節税対策と納税予測について早い時期からお客さまと協議を重ねてゆきます。事業承継についても具体的な対策をご提案いたします。
  3. 経営計画を通じた銀行融資の調達力の強化 当事務所には銀行融資の調達力を強くするノウハウが多数、蓄積しております。決算書をちょっとお化粧するぐらいでは、資金調達力は改善しません。IPOについても過去11社の支援十席があります。

当事務所では、税理士が果たすべき役割を広くとらえ、基本業務は、この3つであると考えております。
「税理士は、税金計算だけしていればよい。そもそも、それ以上はできない」という考えをもった税理士は少なくありませんが、私どもは、税理士は、お客様により積極的に貢献するべきであると真摯に考えております。

早期シミュレーションの重要性-当事務所の基本発想

当事務所が提供する、3つのサービスは、その性質的は異なりますが、成功要因は同じです。
お客様と篤くコミュニケーションを図り、正確に経営計画を作成して、損益と資金繰りのシミュレーションをすることです。
損益と資金繰りのシミュレーションを実施せずに、利益の改善や節税、資金調達、事業承継はできません。
ですから、当事務所は、巡回監査を通じてのお客さまとのコミュニケーションを重視しています。
巡回監査による強いコミュニケーションがあって初めて損益と資金繰りのシミュレーションに影響を与える事実を税理士事務所がタイムリーに聞き出すことが可能となるからです。
当事務所は、経営者から重要な情報を早期に収集することにより、精度の高いシミュレーションと、実効性の高い提案を実現しています。

当事務所のサービス姿勢

お客様から重要情報を引き出すために当事務所が必ず実施しているのが、お客様への巡回監査です。
そのため当事務所は、お客様への巡回監査をとても重視しております。
東京都千代田区に事務所を置いたのも、東京から隣接県までアクセスがしやすく、どのお客さまにも巡回監査がしやすいからです。