たとえ、5年後、10年後であっても、株式公開を目指すことには大きなメリットがあります。従業員数が20、30人程度の会社でも株式公開した事例はたくさんあるので、創業したての会社でも5年度、10年後に株式公開を目指すことに違和感はありません。   [ 続きをみる... ]